Blog

 スマートオブジェクトを使用した背景画作例

執筆: S.I

はじめに

デザイナーのS,Iと申します。

主に背景制作の業務を担当しています。

今回はフォトショップのレイヤー機能、スマートオブジェクトを使用した作例をご紹介しようと思います。

~スマートオブジェクトとは~

以下公式より

Photoshop や Illustrator ファイルなどのラスター画像やベクトル画像からの画像データを含むレイヤーです。

スマートオブジェクトでは、すべてのデータ特性とともに元の画像のコンテンツを保持するため、非破壊編集をおこなうことができます。

 この特性を利用して、建物のパース図を描いてみます。

 

1.構図を設定します。

建物と道路のレイアウトを描きます。

2. 建物の平面図を作成し、レイアウトに合わせます。

・平面図を作成

                      

                   平面図                 

    

                  

 平面図を描き、これをスマートオブジェクト化

             平面図をスマートオブジェクト化

 

・スマートオブジェクト化したレイヤーを変形して、レイアウトに合わせる

 

      先ほどのレイアウトに変形ツールでパースに合わせ、配置します。

 

       スマートオブジェクトの変形は画像劣化しません。

またスマートオブジェクト化したレイヤーにはレイヤー情報が格納されているので、

それらを再編集することが可能です。

例えば、先ほどの平面図を以下のようにしてみます。

スマートオブジェクト化した平面図レイヤーをダブルクリック、元画像を開き編集する。

こちらをセーブすると、

 このように変形がかかったスマートオブジェクトに編集内容が反映されます。

 

 

 

 

3.平面図の詳細を詰めていく

        ラフ平面図をあたりに、窓や柵など建物に必要な要素を

        描きこんでいく。

        一列完了したら、均等配列ツール等を使って再配置する。

             保存して、パース図を確認します。

 

          

            

        ディティ―ルアップはされましたが、かなり平面的です。

        そこで、平面図に図のような描きこみを行ってみます。                    

                         

 

      

           

           

         奥行きを意識した陰影、シルエットを描き入れていく。

               だいぶ立体感が出てきました。

               

4.パース図、平面図に描きこむ

        平面図に色分け、汚し、陰影などを描きこみ情報を追加します。

          パース図に影面やハイライトなどを描きこんで完成。

         

まとめ

 この手法は、パースにあわせてディティールを描きこむ必要がないので、建物など、同じパーツが連続する構造体を作図するのに有効です。

 解像度を損なうことなく一括編集でき、デザインの検証にも役立つ手法で、

変形したレイヤーを再編集可能であるなどメリットも多いが、

データが重くなりがちです。適度にレイヤーをまとめながら作業すると効率よく描けると思います。

 

 ご覧いただき、ありがとうございました。

関連リンク

  • スマートオブジェクトについて
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/create-smart-objects.html