Blog

Unreal Engine 5 アーリーアクセス版をインストールしてみた

執筆: S.A.

はじめに

みなさんこんにちは、S.A.です。
私は前回に引き続きモンハンライズをプレイしております。ハンターランクは40になりました。
さて今回は、巷で話題のUE5を紹介したいと思います。
UE5のアーリーアクセス版を触りたくてウズウズしていた人は、公開後には皆さんダウンロードしてTwitterで賑わっていましたよね。

インストール

早期アクセスのURLへアクセス

UE5入手先:https://www.unrealengine.com/ja/blog/unreal-engine-5-is-now-available-in-early-access


Webブラウザから、上記のURLにアクセスし、上記の図のリンクがありますので、クリックしEpic Games Launcherを起動します。

エンドユーザライセンス契約書

エンドユーザライセンス契約書が表示されましたら、契約書を読み、同意にチェックを入れます。

その後、同意ボタンをクリックします。

インストール警告

リンクからEpicGameランチャーを起動すると上記の警告文がでますので、図の②をクリックしインストールを進めます。

インストールする場所を決定


基本的に変更することは無いですが、インストールするパスを選択後、上記の図の③のインストールをクリックします。

インストール中の画面


インストールが開始されるとEpic Games Launcherのライブラリでは、上記の図のようにインストールする様子が表示されます。


インストールが完了すると上記のようにボタンが変わります。

図の④起動ボタンをクリックするとプロジェクトブラウザが起動します。

プロジェクト作成


UE5起動後のプロジェクトブラウザは上記の図の通りになります。

まず、軽くプロジェクトを作りたいと思いますので、図の⑤「ゲーム」をクリックし、⑥の「サードパーソン」を選択し、⑦にプロジェクト名やプロジェクトの作成場所を設定します。

それらを完了したら⑧の作成ボタンをクリックします。

プロジェクトの起動


プロジェクト起動後、上記の図の通りになれば、完了です。

UE4と比べて、UIが刷新されているのが分かります。

サンプルプロジェクト「古代の谷」を入手してみよう

入手方法

EpicGameランチャーを起動した後、上のタグにUE5が追加されていることがわかります。
図の⑨をクリックし、下の方にスクロールするとサンプルプロジェクトが入手できます。
図の⑩をクリックすることで、次の画面に移ります。

プロジェクト名と保存場所を選択

プロジェクト名と保存場所を決定します。

図の⑪にプロジェクト名と保存場所を選択し、⑫をクリックするとプロジェクトが作られます。

プロジェクトの起動

DL後は上記の図のとおりになります。図の⑬をクリックしプロジェクトを開きます。

新しいアップデートと期待

個人的には、今回から入ったWorld Partitionを使ってみたいと思っています。

World Partitionは「オープンワールドを速く簡単に」をコンセプトに開発された機能になります。


UE4ではPersistentLevelに「StreamingLevel(サブレベル)」という、レイヤーのような扱いで複数レベル内にアクターや機能を分散して入れていたものを、Persistent Levelのみで扱えるようになります。


しかも、ワールドを自動的にグリッドに分割し、必要なセルをストリーミングし、One File Per Actor (1 アクタあたり 1 ファイル) システムによって共同作業が簡単になります。

これでゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのような世界を作れるのではないかと期待しております。

他にもたくさんの機能がありますので、ぜひ直接触れてみてください。

関連リンク