Blog

[ZOOM]バーチャルアバターを使用する

手軽にバーチャルアバターを使ってみる

執筆者 / ナガノ

はじめに

今回は、オンライン会議で利用されているZOOMに、アバターで参加でする方法をご紹介したいと思います。対象はバーチャルアバターを使ってみたい方で、ZOOMについては、その使い方を熟知している方を対象に、ご説明いたします。

3teneFREEV2というフリーソフトを使い、バーチャルアバターを操作する方法を設定し、OBSというフリーソフトを使い、ZOOMへ映像を送る仕組みを実現します。 3teneFREEV2は VRoid Studio等で作成された3Dキャラクターを使って 手軽にVtuberに活用出来るのがポイントのようなので、こちらを利用させて頂きます。

3tene公式Twitterでご紹介されていたUnityVideoCaptureを利用すると、さらに簡単なのですが、そちらでの仮想カメラの認識が上手くいかなかった方に向けて、ご説明いたします。

この記事の内容

1. 必要ソフトの準備

2. 3teneFREEの設定

3. OBSの設定

1. 必要ソフトの準備

今回必要なツールは3種類です。それぞれ無料版が用意されています。

  • ZOOM
  • 3teneFREEV2
  • OBS

1.ZOOMのインストール

ZOOM公式サイトでソフトをインストールしている前提なので、説明は割愛いたします。
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

2.3teneのインストール

DL先URLは下記となります。
https://3tene.com/free/


インストール画面


基本的に、次へのボタンを押してインストールをすすめてください。

完了画面

3teneFREEのインストールが完了となります。

起動画面

3.OBSのインストール

DL先URLは下記となります。
https://obsproject.com/ja/download

インストール画面

「次へ」のボタンを押してインストールをすすめてください。

完了画面

OBSのインストールが完了となります。

起動画面

次に、ZOOMへ映像を配信するために必要となるOBSの仮想カメラをインストールします。

インストールファイルは下記URL
https://github.com/CatxFish/obs-virtual-cam/releases/download/2.0.4/OBS-VirtualCam2.0.4-Installer.exe

インストール画面



カメラの数設定(基本は1つで問題ありません)

インストールが完了しましたら、準備は終わりです。

2. 3teneFREEの設定

1.3teneFREEのアイコンをダブルクリックして起動します。

2.赤枠をクリックした後に表示されるメニューから、青枠内のフェイストラッキングと  リップシンクの開始ボタンをクリックし、 トラッキングを開始する。                   

3.背景色をグリーンバックを使用の際は、赤枠をクリックしてドロップリストから色指定を選択して、緑色をクリックします。

3. OBSの設定

3tene公式Twitterでは、UnityVideoCaptureをインストールすれば、ZOOMと3teneだけでできると書いてあったのですが、なぜか筆者の環境ではZOOMでカメラを認識してくれませんでした。そこで間にOBSを噛ませることで実現できました。

OBSでの設定を行う前に試してみても、いいかも知れません。https://github.com/schellingb/UnityCapture

1.OBSを起動して[ソース]の赤枠をクリックして

   ゲームキャプチャ>特定のウインドウをキャプチャ>3teneFREEを追加(初回のみ)

+ボタンよりソースを新規追加します

ゲームキャプチャを選択しソースを作成します。

次に、OKをクリックします。

プロパティ―画面より、赤枠内のモードを切り替えます。

モードを【特定のウィンドウをキャプチャ】に設定します。

次に、ウィンドウの一致優先順位を

【3tene.exe】:3teneFREEに設定します。

次に、ウィンドウを調整します。

赤枠の箇所をドラッグして、ウィンドウサイズを調整が可能です。

2.取り込んだ映像を選択すると映像が赤枠表示されますが、その赤枠をAltを押しながらドラッグするとクリッピングできます。表示させたくない箇所をクリッピングしましょう。

3.さらにOBSでツール>VirtualCam(準備でインストールした仮想カメラ)

  を選択しStartしておきます。

4.ZOOMをPCで起動してカメラをOBS-Cameraに設定します。

  これで各設定は完了です!

画像は3tene上でキャラクターの顔位置を調整し、背景をグリーンバックにした後、ZOOMにて仮想背景を設定しております。

まとめ

これで手軽にバーチャルアバターを使ったビデオチャットが行えます。OBSの設定の箇所でも書きましたが、3tene公式Twitterでは、UnityVideoCaptureを使い、仮想カメラを設定する方法を紹介していました。しかし、筆者の環境では仮想カメラが認識してくれなかったので、OBSを使った仮想カメラを利用してみました。OBSならモデルをオリジナルのものに変えて、配信設定を行うと、そのままVtuberとして配信することもできてしまいます(※権利関係は各ソフト規約に準拠してください)。

これであなたも、バーチャルアバターデビュー!

参考リンク