Projects

AI活用に最適な教師データを日本の住宅地で

ORENDAはゲーミフィケーション/リアルタイムレンダリング技術を応用した高精細3Dシミュレーションシステム開発に注力しています。ゲーム制作で培われた確かな技術、Unreal Engine、Unityといった特定の開発環境に縛られない技術で、企業様のあらゆるニーズにお応えし、ソリューション開発のお手伝いをいたします。

ゲームエンジンを活用した最先端の自動運転シミュレータ技術

国内、海外を問わず、あらゆる実環境を構築することが可能です。AIの画像認識を育てるために必要な、多様な教師データの生成に優れています。時間・天候・劣化・レアケースなど、現実の撮影では困難な内容でも、仮想現実を活かすことで多様な画像作成が可能です。私道、公道、完成前の道路に縛られることもありません。信号機の故障、電線の断線、落下物など、特殊なケースをすべてカバーします。



時間・天候変化

仮想空間の強みを活かし、特定の時間、そして時間経過を任意のスピードで変化させることが可能です。「晴れの日」一つとっても、春夏秋冬で大きく異なります。また、太陽、影、雲、草木など、動的な情報量を加えて、より複雑な表現を実現します。



劣化・レアケース表現

信号機や歩道など、要素ごとに時間経過を変更させることが可能です。舗装後間もないアスファルトから、耐用年数を超えたヒビ割れ、汚れ、風化を調整することであらゆる情景を生み出します。風で飛ばされた工事現場の設備や蓋の空いたマンホールなど、現実には再現が不可能な状況も仮想空間では問題ありません。ランダムに落下物を配置して、大量画像を生成することもできます。



必要なデータ収集を効率よく

仮想空間では用途に合わせたデータ収集に特化します。画像セグメンテーション、深度情報、アノテーション登録などをAI活用に役立てます。また、弊社併設のスタジオを利用し特殊な人の動きを撮影することがきるため、物的なレアケースだけではなく、人の動作におけるレアケースも取り込むことが可能です。極限的に高度な安全を求められる自動運転における、様々なニーズにお応えします。