News

音声合成のORENDA 、自動応答のTACTが業務提携
両社技術を用いた新デジタルコミュニケーションツール開発を推進

株式会社ORENDA(本社:東京都港区 代表取締役:澁谷陽史、以下ORENDA)と、株式会社USEN-NEXT HOLDINGS(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:宇野 康秀)のグループ会社である株式会社TACT(本店:東京都品川区、代表取締役社長:溝辺 和広、以下、TACT)は、新たなデジタルコミュニケーションツール開発など、コミュニケーション分野における発展寄与のための相互協力を目的に、業務提携したことをお知らせします。

■ 業務提携の背景と取り組み

両社は「音声合成技術を用いたデジタルコミュニケーションツールの開発による新たな価値の創出」において共感し、以下の取り組みを目指します

・ 開発に関する両社の技術・知見の相互提供
・ TACTの自動応答サービス『AIコンシェルジュ®※1』にORENDAの音声合成TTS『NEXPEEECH®※2』を提供・導入
・ ORENDAの音声合成TTS『NEXPEEECH®』、声質変換を活用したメタバース(仮想空間)ソリューションの共同開発
・ 映像生成を含む、次世代デジタルコミュニケーションツールの共同開発

※1自動応答サービス『AIコンシェルジュ®』詳細:https://service.tactinc.jp/aic/
※2音声合成TTS『NEXPEEECH®』詳細:https://orenda.co.jp/news/2573/

【ORENDAについて】

「人を単純作業から解放し、デザインと思考が溢れる社会を創造する」をビジョンにかかげ、ゲーム開発における技術を活かして社会課題を解決するソリューションを提供しております。近年では特にAIを用いた音声合成の開発に注力しており、「人の感情を汲み取り、より自然な発話ができる」音声合成TTS『NEXPEEECH®』を開発、非接触型のサービスとして導入を行っています。   
また、コンピューターグラフィックス・映像分野とコラボレーションさせた、デジタルヒューマン・メタバースコンテンツへの音声合成技術の活用にも積極的に取り組んでいるところです。

【TACTについて】

「テクノロジーで新たなオペーション価値を生み出す」をビジョンにかかげ、電話業務を自動音声認識技術を用いてAIが自動応答するAIコンシェルジュ事業をはじめとしたDXソリューションを提供しています。それらをより身近に使いやすく社会に浸透するソリューションへ昇華するため、研究をはじめ『AIコンシェルジュ®』の新たな活用方法の模索やエンターテインメント要素の組み込みの可能性など、様々な視野から取り組みを行っております。

【ORENDA会社概要】

会社名:株式会社ORENDA
所在地 :〒107-0061 東京都港区北青山一丁目3番6号 SIビル青山5階
代表者 :代表取締役 澁谷 陽史
事業内容:受託開発事業、ビジネスソリューション事業、データ活用事業
設立:2015年7月15日
URL  :https://orenda.co.jp

【TACT会社概要】

会社名:株式会社TACT
本店:〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目1番1号 目黒セントラルスクエア
東京本社:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目3番10号 田村駒東京本社ビル5F
代表者:代表取締役社長 溝辺 和広
設立:2010年12月10日
事業内容:AIコンシェルジュ事業、RPAコンサルティング事業、コールセンター受託運営事業
URL:https://www.tactinc.jp


*本プレスリリースに記載されている社名及び製品名などは、当社の商標または登録商標です。